日常生活

ゆるい会社の見つけ方と特徴について!イライラからの脱却!

「ゆるい会社の見つけ方と特徴について!イライラからの脱却!」のイメージ画像

自分に合った職場を選ぶことは人生において重要なポイントですよね。

「仕事が忙しすぎてイライラする。」「次はゆるい会社に就職したい!」と思ったことはありませんか?

この記事では、ゆるい会社の見つけ方や特徴についてまとめました!

結論から言うと、ゆるい会社の探し方として求人情報や面接で見極める方法があります。

また、楽な会社は福利厚生が整っていたり体力的・精神的に負担が少ないといった特徴があります。

ゆるい・楽な会社の見つけ方を知りたい人はぜひ読んでみてくださいね。

ゆるい会社の見つけ方!

「求人情報で仕事探し」のイメージ画像

以下の方法でゆるい会社を見つけてみましょう。

  • 求人情報からの探し方
  • 面接からの探し方

求人情報からの探し方

ゆるい会社は求人情報から探せます。

求人情報で「残業がない」「有給がとれる」「育休がとれる」など様々な条件を提示することでゆるい会社を調べることが可能です。

そしてゆるい会社に必ず就職したい人は、求人条件を絞る際に自分が譲れない条件は妥協せずに探すことが大切です。

「このくらいの条件ならやっても良いかな。」など条件を緩めてしまうといざ就職した時に「こんなはずじゃなかった…。」と後悔しまた一から転職活動を行うことになりますよ。

また、条件の良い会社は満足度が高いためなかなか求人に出にくいというデメリットもあります。

しかし、まれに求人が出ることがあるので自分に合った会社に応募するチャンスを逃さないよう、求人サイトは毎日欠かさずチェックしましょう!

自分で求人情報で探すのが難しい人は、転職エージェントを活用して自分に合った条件の職場を探してもらうのも一つの手です。

ゆるい会社は求人情報や転職サイトを利用して探すのがおすすめです。

面接からの探し方

ゆるい会社であるか面接で探ってみる方法もあります。

面接の中で「有給がとれるか」「残業は月どの程度あるか」などを質問することで職場の労働状況を判断することが可能です。

しかし、中には「休みのことばかり聞いて面接官にやる気がないと思われるかも。」と質問することに抵抗がある人もいると思います。

確かに面接の開始からいきなり休みについて質問するのは印象が良くないと思いますが、しっかりやる気をアピールした後に福利厚生を尋ねる程度であれば問題ありません。

福利厚生の質問に対して嫌な顔をする会社であれば、ゆるい会社ではない可能性が高いので縁がなかったと思い次に進みましょう。

面接の中で条件をうまく聞き出しながらゆるい会社か判断してみるのはおすすめです。

ゆるい・楽な会社の特徴10選!

「オフィス内の会議室」のイメージ画像

ゆるい・楽な会社の特徴をまとめました!

  • 有給が取りやすい
  • 残業が少ない
  • 休日出勤がない
  • 格好に対して自由
  • 副業可能
  • 体力的に負担が少ない
  • ルーティンワーク
  • 責任が伴わない
  • 労働環境がいい

有給が取りやすい

有給が取りやすい会社は楽だと言われることが多いです。

忙しい会社だとせっかくの有給を消化する暇がなかったり、有給を取りたいと言い出しづらかったりしますよね。

求人情報に有給取得率が掲載されていたり介護休暇・生理休暇などの制度が充実している職場は、プライベート重視の傾向にあり有給消化率が高いと言われています。

ゆるく楽に働きたい人は有給消化率を事前にチェックしておきましょう。

残業が少ない

ゆるい会社は残業が少ないといった特徴があります。

残業ばかりの会社だと、仕事が終わったら家に帰って寝るだけの繰り返しということもしばしばありますよね。

しかし、楽な会社は定時で上がれるような仕事内容であることが多いため、残業が少なく仕事後自分の時間をゆっくり楽しむこともできます!

楽な会社は残業が少なくライフワークバランスが整いやすいのでおすすめです。

休日出勤がない

ゆるい会社は休日出勤がないといった特徴も挙げられます。

せっかくの休日が研修や仕事で潰れてしまうとがっかりしてしまいますよね。

しかも職場によっては休日出勤しても休日手当が出ないところもあるんだとか。

ゆるい会社は仕事量がさほど多くないため休日出勤がなく、仕事のない日はしっかりと休んだり自分の時間を楽しむ余裕ができます。

休日出勤がない会社はゆるい会社が多く、休みの日はしっかりと休みたい人にはとっておきの職場だと言えます。

格好に対して自由

ゆるい会社は格好が自由であることが多いです。

ゆるい会社は規則が厳しくない職場が多く、服装が自由であったりフレックスタイム制を導入し勤務時間も個人で決められるところもあります。

特にコールセンターやwebエンジニアなどデスクワークの業務は格好が自由であることが多いです。

しかし、格好が自由とされていてもラフすぎる服装はNGの場合もあるので、服装規定はしっかり確認してくださいね。

服装が自由なところはゆるい会社であることが多いので、自由に働きたい人はおすすめです。

副業可能

ゆるい会社は副業可能なことが多いです。

実はゆるい会社は楽な分職場によっては給与が低いというデメリットも存在します。

しかし一方で、副業可能な職場も多いので副業で低い給与をカバーすることも可能です!

今は副業可能な職場も多いので仕事を見つける際はぜひ確認しましょう。

体力的に負担が少ない

体力的に負担が少なく肉体労働のない職場は楽であると言えます。

一日中立ちっぱなしであったり荷物の運搬が多い仕事など、体力勝負の仕事は疲れてしまいますよね。

受付や事務系の仕事はオフィスワークのため体力仕事はほぼなく、体力に自信のない人はおすすめです!

体力に自信のない人はオフィス系の仕事なら肉体労働がないため楽と感じるかもしれません。

ルーティンワーク

ルーティンワーク中心の会社は楽であることが多いです。

ルーティンワークは仕事内容が決まっているため深く考える必要がなかったり、基本残業も少ないため楽と感じる人が多いんだとか。

具体的には工場勤務やデータ入力事務、内職系の仕事はルーティンワークが多いとされています。

予定外のことを考えるのが苦手であったり、毎日同じ作業をしても苦にならない人はルーティンワークの職場を探してみましょう。

責任が伴わない

責任が伴わない仕事は楽に働きたい人にとって良いですよね。

責任が重い仕事はプレッシャーになり精神的に疲れてしまいがちです。

特に病院勤務など医療系の職場は命と隣り合わせのことが多いため、精神的に病んでしまい辞めてしまう人も多いそうです。

基本的にノルマがなかったり決められたマニュアルに沿って行う仕事は、責任を感じたくない人にとっては楽と感じやすいとされています。

どの仕事もある程度の責任はありますが、責任が少ない職場はメンタル的に負担が少ないのでおすすめです。

労働環境がいい

ゆるい・楽な会社は労働環境がいいと言われています。

労働環境がいいとは「残業がない」「有給がとりやすい」など福利厚生がしっかりしている職場です。

また、さらに職場の人間関係が良好だと働きやすいと感じるため長く続ける人が多いんだとか。

就職前に福利厚生について調べ、自分にとって労働環境がいい会社か確認しておきましょう。

【おわりに】ゆるい会社の見つけ方と特徴について!イライラからの脱却!まとめ

以上、ゆるい会社の見つけ方や特徴についてお伝えしました。

ゆるい会社の探し方は以下の方法がありました。

  • 求人情報でゆるい会社の条件を絞って探す
  • 面接で労働状況を確認する

ゆるい・楽な会社の特徴は以下の通りです。

  • 有給がとりやすく休日出勤や残業がないなどプライベートの時間が確保しやすい
  • 副業や服装が自由
  • 体力的な負担が少ない
  • ルーティンワーク中心
  • ノルマがなく責任が少ない
  • 労働環境がいい

仕事が忙しくてイライラしている人はぜひ自分に合った職場探しの参考にしてみてくださいね。

-日常生活